コラム

ホーム  >  コラム  >  水素社会―その意味と実現可能性

2018年11月13日

水素社会―その意味と実現可能性

エネルギー研究部 エネルギー技術調査グループ GM 丸田 昭輝

 一般に日本は「水素社会」の実現に向かって世界をリードしていると思われている。しかしテクノバは、むしろ水素社会を先に実現するのは日本ではなく、欧州(特にドイツ)になる可能性が高いと考えている。その背景には、「水素社会」の目的とアプローチが日本と欧州で違うことが挙げられる。
本レポートでは、日本や世界がめざす「水素社会」の違いを指摘しつつ、日本で水素社会を実現するための方策を検討し、結論を以下とした。

  • 「水素社会」の実現を標榜しているのは日本と欧州のみである。日本は、産業政策としてFCVというアプリケーションを重視した展開をめざした政策を行ってきた。一方欧州は、CO2削減政策の一環として低炭素水素の展開を重視した政策を行ってきた。
  • ドイツは2050年のCO2排出量80~95%削減を確実にするための研究を実施し、2050年には大量の再生可能エネルギー由来水素が発生するという結果が得られている。
  • 日本では水素社会の実現には困難が伴うと考えられる。日本が水素社会を実現させる方策として、「地産地消」に着目した地域展開は有望である。


ダウンロードは こちら


本レポートに関する問い合わせ先:
 エネルギー研究部 エネルギー技術調査グループ グループマネージャー 丸田 昭輝
 E-mail:maruta[a]technova.co.jp